スマホが壊れた▼

 

友達と会った帰り、自転車を走らせていると、

ガタンッという音とともに自転車が大きく跳ねた。

その衝撃で、ポケットから出しかけていたiPhoneSEが手から滑り落ち、

アスファルトの上に落下した。

他に車や自転車、歩行者もいなかったものの、慌てて携帯を拾ってコートのポケットにしまう。

 

時間を確認しようとポケットからスマホを取り出したときに、気づいた。

 

液晶が割れている。

蜘蛛の巣のように、そして、だいたい電話の時は耳を当てる部分が破損している。

操作もできない。

 

「あっちゃあ、やっちゃった」ぽつりと一言。

そのままドコモショップに向かうも、営業時間は19:00迄。

私が携帯を壊したのが、19:15。間に合うわけもなかった。

 

 

 そして、本日、10時のオープンと共に知人が店長を務めるドコモショップへ向かった。「御用件は」と尋ねられ、壊れた携帯を取り出し「壊れちゃったので」と伝えると受付番号の書かれた紙を渡された。おおよそ40分ほど待っていただきますと言われたので、了承し、座り心地がお世辞にも良いとは言えない椅子に腰を掛けて読みかけの文庫本を開いた。

 結局、1時間以上待たされ、12時頃に来客の予定があったため店員さんにまた戻る予定で居ると伝えると「今伺おうと思っていました」と答えられる。

 さらには、「機種変更をするか否か」を問われ、「しない」と答えるとA4の紙を一枚もらった。「ここに電話してください」。店員さんはボールペンで街頭の電話番号を大きく丸で囲った。

私の心は壊れたスマートフォンのように壊れ始めていた。

『最初からそうしてくれ!』と言いたくなるのをグッとこらえた。

 「すみません、」と伝えると「いいえ」と答えられたことにも不快な思いをした。

私だったら、「かえって、申し訳ありません」と答える場面だ。だからと言って、彼女の接客の仕方に難があったかどうかは私では判断ができない。個人的に相性の悪い方に当たってしまっただけかもしれないし、彼女もそう思ったかもしれないから、私から一方的に判断を下すことはナンセンスだからだ。

 こういう言葉のあやでちょっと不快な思いをしたときは、相手の言葉を外国語に一旦変換してみると怒りを覚えずに済む。カッとならずに済むのだ。

 たとえば、私の「すみません」を「Thank you for you work」と英訳してみよう。すると、彼女の「いいえ」は「No worries」「That's fine」「No worries.It's my job」となるのだ。

 そして、私の「すみません」を「Sorry I bother you」と訳すと、彼女の「いいえ」は「Never mind」となる。そうすると、私が「すみません」と言ったことに対する彼女の「いいえ」は決して失礼な言葉ではなく、妥当な発言なのである。

 

 しかし入店時に、「御用件は」と聞くのであれば、その時に「破損の場合、機種変更をするかどうかで対応が変わります。機種変更はご希望ですか?」と訊いてくれれば、私の1時間の時間はおうちでぬくぬくと悠々自適に過ごせたのに。無駄だったとは思わないが、いかせんTVでdTVの宣伝のためにいろんな番組やドラマ、映画の冒頭の数十秒を流すだけ流して、BGMがほかにある店内では私の耳は忙しすぎて少し疲れてしまったのだ。こういうとき、自らの環境適応能力の低さに呆れてしまうのだ。

 そのうち、契約内容の変更や見直しのためにまた来店しようと思うが、今度は100%休みの時に行こうと思う。基本的に本を読んで過ごすのでそれほど時間がかかるのは苦ではない。

 

 

 

 なお、スマホはセンターに問い合わせ、明日の午前中に届く予定である。

 午後には連絡が取れるようになるだろう。私に連絡してくる人はいないと思うけれど、ラインとメッセンジャーではやりとりが出来るのが不幸中の幸いである。バックアップなんていうものを通常から取っていない為に連絡先は消えてしまうだろうが、リセットされていいかもしれない。その面では、破損したiPhoneには感謝している。

 今度からは、大切な連絡先は手帖に書いておかなければな…と思う。

 

 

 たまには、スマホなしの生活もいいだろう。もしかしたらいろんなことを見直すいいきっかけになってくれたのかもしれない。

ランキング参加してます!ポチポチお願いします(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ