ご冗談を!

 

 基本的に珈琲は苦手だが、マクドナルドのプレミアムロースト珈琲のホットであれば大丈夫である。ドライブスルーで150円ないしクーポンで130円のホットコーヒーを買い、自宅に帰りつき、自宅の冷蔵庫の中にあるアーモンドミルクを注いで飲むのが好きだ。

 

 今日は誰とも関わりたくない日だったので、最低限の会話をして済ませようとしている。夕方に友人の誕生日会があるから、それに向けて準備をしなければならないが、今日、日が昇っているうちは基本的に気を遣いたくないのと言葉を発したくないのとで正直メールも返していない。

 今日はしたくないことはしない日と決めた。少しばかり周りに迷惑をかけるかもしれないが、半年に1回くらいは許して欲しい。

 

 ToDoListを毎晩、次の日のために作成するのだが、それも最近はできていない。ToDoListを作っても、計画通りに私が行動しないのが悪いのだが、それにしても「やらなきゃいけないことリスト」は同時に「やりたくないことリスト」にもなりえる。このままでは生活の質は落ちるし、仕事のクオリティは下がるし良いことないな、と感じたので「今日はやりたいことだけをする日。どうしてもやらなきゃいけないこと以外はしない」と決めたのだった。

 

 正直、最近は朝食さえ煩わしい。おなかがすいてくるのでお昼は食べるが、一日一食でも構わないではないかとさえ思う。もちろん、おなかがすいたり、必要だと思えば食べるけれど、無理して、朝食→昼食→夕食、なんていうステップを踏まなくてもいいのではないかなと感じたので最近は食べたいときに食べたいものを味わって食べるようにしている。そうしたら、変なストレスが1つ消えたような気がする。

 しかし今朝は、ツナメルトを作って食べた。久しぶりのがっつり系朝食。食べた時間が10時頃でほとんどブランチだったから、14:30になった今でもお腹はすかないし、自然と満たされている気分である。昨晩からツナメルトを作って食べようと決めていたからだ。

 

 毎日仕事をするのが美徳だと考えられているが、逆ではないかな、と思う。

 仕事が楽しくていたら、気づいたら毎日仕事をしていた。となる方が正しいと思う。もしくは「お金の為に働いていたら、いつの間にか休みなんてとっていなかったよ」。

「毎日仕事をしよう!結果休みがない!」とは、同じ現象だが、雲泥の差である。

 

 

 午前中はたっぷり時間をかけて、せっかく3週間ぶりの何もない日なのに連絡を寄越してきた同僚に向かって鏡の前で悪態をつきながら(風水上あまりよろしくなさそうだ)、メイクをした。――悪態をついている時は鏡を見なかったから、ギリギリセーフかもしれない。―― 着替えをして、メイクをして、髪の毛を整えて、本を読もうにも集中できなさそうだったので鞄に一通りの荷物を詰めて県立図書館へ向かった。昨日、調べた感じ、私が読みたい本は市立図書館にも県立図書館にもあったが、市立図書館のほうが貸し出し中だったので県立図書館へ行くことにしたのである。

 その前に母に「週末は来るのか」とメールを入れると「土曜日は午前中。日曜日は一日大丈夫」との返事が来たので、土曜日の午前中は少し仕事を一緒にして、日曜日はランチをしながら会おうと提案すると快く了承してくれた。

 県立図書館へ車を走らせている途中、ラジオを聴くと、いい感じの洋楽が流れてきたので「早く欧州へ越したい。せめて東京へ越したいな」と考えるようになっていた。個人的に名古屋が最近一番好きな場所なのだが、私が住むには少し人間関係があり過ぎるとも思った。仲の良い人が名古屋に5人ほど住んでいるのだが、それが面倒だなとも感じるのだ。東京であれば、さほど問題はないだろう。なので、日本の中で越すとしたら東京であるし、海外であれば、ニューヨークには4年は住みたいと考えている。

 丸一日、本当に何もない日が欲しいと感じていた。ただフラッと散歩に出かけたり、いい天気だなと思いながら布団を干したりする、そんな何もない日。

 自営業をしているからこそ、必要なのかもしれない。休みをもらうのではなく、自分で作らなければいけないから。やるべきことが多くある中で、どれをどうするかのスケジュール管理や自分と向き合う時間ももちろん必要だからだ。

 

 図書館につくと、探していた本を手に入れるために伝票を印刷する。そして、カウンターに居るスタッフに渡した。すると「この本は書庫にあるので、持ってきますから、カードを準備してお待ちください」とのことだった。彼の仕事をありがたく思いながら利用カードを財布から出して待っていると彼がやってきた。その本は「ご冗談でしょう、ファインマンさん!」というノーベル物理学賞受賞者の自伝で、たまたまSNSを眺めていた時に見つけた作品だった。「自分は自分が思うほど頭がよくなかった」というようなフレーズが気になり、少し調べてみて、この本を読んでみようと思ったのだった。

 本を受け取ると、この前県立図書館へ来た時に気になっていた本を数冊取り出し、閲覧席へ座った。20分ほどそこで、新書を斜め読みしたり、パラパラと参考文献を眺めたりして、自分が今度手に入れるべき本を吟味していた。そして、やはり自分は医学を志したいこと、科学に恋をしていることを再確認した。自分には、これは「好き」なのではなく、「必要なのだ」と確信した。

 ノートにメモと思いのたけを書き、閲覧席を立った。

 帰り、駐車場へ向かう途中、県立図書館にあるウォルナットの木のまわりにどんぐりが落ちていた。どんぐりは好きだ。ナッツが好きなので、どんぐりももちろん好きだが、落ちているどんぐりは、なぜだかわからないがとても魅力を感じる。前世は鳥か何だったかなのだろうか。だとしたら、私がトナカイ好きなのは、前世が鳥で、疲れた時にそのトナカイのツノにお邪魔していたのだろうか。

 

 さて、図書館から帰ってくる途中、お店の家具を買おうと考えて東京インテリアに寄った。東京インテリアの中にあるモアカフェというカフェで「ヘーゼルナッツラテ」をオーダーする。400円のぜいたくである。ラテを堪能したのち、買おうと考えていたラックのそばに来て、「本当にこれでいいのだろうか」と感じ、いったん自宅へ帰ることにした。「これじゃないとダメだ」と確信するまで、あまり購入に至らないのが私のいいところでもあり、おそらく悪いところでもある。――帰ってくる途中で、マクドナルドでドライブスルーを使い、コーヒーのMサイズを購入した。同時にSサイズも買えばよかったかと思ったが、家に帰ってきて、アーモンドミルクをコーヒーに注ぎ、飲み終えた後で少し頭痛がしたから、「あ、これは、コーヒーの吞み過ぎだ」と直感した。

 

 

ランキング参加してます!ポチポチお願いします(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ