宿を探して、

 

夏スクで泊まるところが決まりました。

入金も済ませました!

 

シェアハウスで生活することにしました。

やってみたかったんだ~(*´з`)♪

 

荷造りもぼちぼちやっていかなければね~

夏スク楽しみ!!

 

 

 

ーーーーーーーー以下、ぽちぽち。------------

 

 

もう半年以上前の話になるんだけど、強姦未遂?というか、正しくは強姦って言うほどのものでもなかったんだけど。相手が勝手に盛り上がっちゃっただけで。指入れられたなあって感じ。本体は入れられてないのでセーフだと思いたい。(25にして未だにvirginなので…)。

冷めた感じでさ、「あー、これが初めて…になるのか?相手確か結婚してた…わーーーこれ不倫にな…えっ、初体験が不倫…?は?!?!?!?ないないないないないないない!!」となって「帰る」と言って帰って来た。奥さん、どうか私を訴えてください。ありのままのことを話します。あなたにこの旦那は、釣り合わないよ。娘さんのためにも別れてください。

 

最後の最後で流されなかったのには、

「ちゃんと好きで居てもらった」ことがあるからだと思う。

大昔の話だけど、本当に大好きだった人が居た。この世のすべてをささげてもいいと思ったさ。私一人の命なんてくれてやるってくらい好きだったんだけど。

あとでネタバレされちゃうんだけど、実をいうと彼も私を好きだったみたいなんだよね。とんでもない殺し文句をもらっちゃったわけで。恋に落ちるのを心臓を矢で貫かれるんなら、未だにそれは抜けてないんだね。

ま、離れてしまったわけだけどさ。

初めて会ったときに「あ、この人だ」って思ったし、全然離れるイメージなんてなかった。だから、悪かったんだ。失う準備をしていなかったから、実際離れた時に、心臓半分持っていかれたかと思った。実際、心臓も肺も半分ぶちぶちって引き裂かれたような気分だったんだよ。綺麗に切ってくれればよかったのに、ざぐざぐに引き裂かれたもので、全然傷なんて治りやしなかった。

 

本当に大好きだったんだ。何もかもあげたかったんだけど。

 

一緒に居るのが当たり前で、ずっと一緒に居るもんだと思ってた、離れるはずないって信じて疑わなかった。彼自身のことを信じて信用して離そうとなんてしなかったんだ。

あと、悪い癖で、私は好きな人には先に「すき」って言ってほしくて、自分から言わないの。「言わなくたって、わかるでしょ」ってなっちゃったんだよね。一緒に居るだけでドキドキして、幸せで、きゅんきゅんして、この人と一緒がいいなって思って。この人なら大丈夫って思って。喧嘩しても仲直りしたくて、早く会いたくて。

そんな時期もありました(*´з`)

何をしてもぴったりなの。何もかも。わたしの想像以上のものをぶち込んでくる。想像してたものよりもっといいものを与えてくれる。彼の知識と脳みその前では、私の脳みその中なんてちっぽけだった。それが心地よかった。もっともっと、もっと知りたい、もっとわかりたい、もっと頑張りたいってそういう欲しかなかったね。

彼が居たから、何でもできたんだ。このガタガタで不完全な世界の中の、不完全な私の仲の歯車のような、一緒に居るだけで安心して大丈夫だって思えて、チューニングされて生きていけるようなそんな存在。大好きというより、心から必要としていたんだと思う。空気のように、水のように。これを依存と呼ぶのか運命の相手との出逢いと言うのかはお任せします。

 

まあ、そんなこんなで、

ちょっと会えなくなっちゃって、そしたら、離れちゃって。

結局それだけのものだったんだろうけど、当時の自分は本当に本当につらくてさ。

んで、1年後?2年後くらいに再会するんだよね。

想えば、あんときにおもいっきり抱き着いて、自分勝手にすればよかったんだよ。

わがまま言って困らせればよかったんだ。こんなに長引くくらいならさ。

「お前、彼女って言われるの嫌じゃん。おれ、お前の犬じゃん。お前が男だって、俺はお前のこと好きになってたよ。俺なら、お前のこと全部受け入れられるのに。おれなら、全部理解してやれるし、俺なら、俺なら、お前のこと全部愛せるのに。なんで俺のこと見てくれないの」って怒らせちゃって。何言ってんの、って。お前しか見てないよって。俺は、ずっと、お前しか見てないんだよ。なんで、そんなこと言えるんだよ?目ん玉ついてんのかよ。って。

「大好き」って言ったら「俺も好き、大好き」って。

「えー、私のほうが好きだよ」って言ったら「ばかだな。俺がお前に負けるわけないだろ。俺のほうが好きだよ」とか、そんな、言われちゃったらさ。ね。

 

だけど、そんなこと経験してるから、

「すきだよ」とか「かわいいよ」って言われても、全然響かないの。

「口だけでしょ。アンタ本気じゃないもん」ってなっちゃうの。

本当に好きだったら、いきなりジュニア出してくるわけないでしょ。

本当に好きだったら、まずそんな気安く私に触れないでしょ。

本当に私のこと好きだったら、私の許可を取るよね?

本当に好きだったら、そんな態度取るわけないでしょう?って。

 

愛し方なんて人それぞれだけど。

本気で好きでいてもらえるっていうのは、わかるよ。

本気で私のこと好きなら、どんな態度をとるのか、わかるんだよ、私は。

そして、私は、それしか必要ないんだよ。

 

 

だから、あのひとに、ひとこと言いたいんだ。

「あんなに好きになってくれて、ありがとう。」

 

ランキング参加してます!ポチポチお願いします(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ