日誌

慶應通信 69期 秋入学 普通課程 文学部第2類  慶應通信で勉強して欧州医学部を目指す、外国大好きゆとりジェネレーション。映画、音楽、本…好きなもの全部書いていきます。

 

やりたいことをやっていいのだろうか、誰か傷つかないだろうか。

話をしたいというだけで電話してもいいのだろうか、誰かを傷つけないだろうか。

 

それでも、話したいなあと思わせてくれる人と出逢えたのに感謝なので、

話してみようかな、お願いしてみようかな、とも思ったりもするけど、

そのことで誰か傷つけないだろうかと考える。

 

自分だったらどうか?を考えるんだけど、

なんせ一緒に居たのが前のパートナーだけなので、

あんまり自分の考えは自分にとって参考にならないかもしれない。

 

あの人は、

背も高くて頼りがいがあったしカッコいいし頭もいいから女が寄ってこないほうがおかしい。

それで相談されても好意を持たれても何をしても、

あの人は絶対私のところに戻ってくるし、もし戻ってこなかったとしても、

それはあの人が選んだことだから仕方がない。

あの人がそうしたいと思うのなら、そうしたいことなんだから、

私は受け入れるしかないだろう。

嫌だと思ったところで、あの人が「そうしたい」と言ったら、それを許すんだろう。

 

「わかった。今まで、ありがとう。大好きだよ」と言って終わりだろう。

 

嫌だとすがられたいとしたら、私には、無理な望みだ。

すがらなければ居てくれないような存在なんて、いつかどこかへ行ってしまう。

そんな人に、すがって、何になるんだろうと思うんだ。

結論は変わらない。いずれ離れるのなら、早いほうがいいんだ。

 

 

ずっと一緒に居たいな、ずっとそばに居たいな。

そう思える存在が出来てくれて、うれしかったことと、

関係を続けたいために、お利口にしていなければいけないこともあるから。

 

伝えることだけ伝えて、あとは、

自分でどうにかしないといけないところは、自分でどうにかして。

 

 

 

いつかニューヨークで雪を見たい。

ランキング参加してます!ポチポチお願いします(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ