真実の愛を探しに言ってくると言って私は空港まで来たわけだが

 

 

何回も何回も同じことを言わせるな、上司。

貴様の脳みそにメモリは存在しないのかい。

私はずっと同じことを繰り返し言っている、おそらく3か月ほど前から。

そして3年以上同じことを言わせないでくれないか。

「私が行きたいのはルーマニアだ。アメリカじゃない」。

「私が好きなのはアメリカ人じゃなくて、スマートなナイスガイだ」と。

 

 

スクーリングの入金をすっかり忘れておりまして、

これはひょっとすると夏スク落としたパターン…orzと落ち込んでおります。

あとから入金で滑り込みとか…できないよね…一応事務局には連絡する予定だけど。

ダメもとで言ってみるかな。

夏スクーリング、いきたかったなあ…。

 

 

まあ、

お盆は新盆になるから。残ったほうがいいかもしれないけれども。

ちょっとうさはらしに他国に行ってみよっかしら。

 

恋とは何かを自分なりに考察。考察と言うレベルではないけれども。

 

 

仲の良い友人…ほとんど初体験を経験している。私、25歳。未だに経験ナシ。

一回火遊びしてみようと思ったけれど、私はメンズで遊ぶより、花火で遊んでいるほうが好きだった。バーベキューのほうが好きだった。何より、家族に後ろめたい気持ちになることはしたくなかった。

 

下ネタを振られても知らんぷりする。スルースキル発動である。

ただ男子小学生レベルの下ネタは結構する。

身近な人には、自分が未だにバージンであることは伝えている。経験ないよ~って。

悪いことじゃないと思っているし、公表しようがしまいが相手には関係ないことだからだ。

 

ただ、最近友人が「好きな人と会ったの。…でね、やっちゃった」って言っていて、

私は何かトラブルが起きたのだと思って「??大丈夫だった?」と訊いたのだ。

そしたら、友人は、「そういう意味じゃない。とっても楽しかったの」。

私はポッカーーーーーーーン( ゜д゚)である。そしてハッ( ゚д゚)!とする。

 

 

そこで私が恋愛とは何かを考えるに至った。しばしお付き合い願いたく候。

 

 

決して私は、『婚前交渉はしない主義』なわけではないし、

「そんな…恥ずかしいよ…」なんていう主義を持てるほどピュアなんかでもない。

セックスの知識は小学4年生の時にはしっかり持っていたし、大人になればするものだと思っていた。(具体的にいつというわけではないけれど…)

ただ、中学生の時。そのウェーブは音もなく近寄ってきていたのだ。

そう、クラスメイト……腐女子の存在だ。

彼女と出会うまで、私は純粋にアニメや漫画を楽しんでいた。

彼女が「こういうの、好きなんだけど。――大丈夫?」と訊きながら、

当時時代を牛耳っていた『テニスの王子様』のBL漫画を差し出してきたのだ。

 

同性愛にまったく偏見のなかった私(というか身近にいなかったのであまり考えることもなかったのかもしれない)、「大丈夫だよ!」と言ったその瞬間から、彼女からのものすごい布教活動が始まったのだ―――。

 

――と、さておき。おそらく男女の恋愛よりも上記のストーリーのために、いわゆるBLの恋愛のほうを多く読んできてしまったせいもあってか、どうも男女間の恋愛と言うことに関しては疎いのかもしれない。そもそも自分がさほど他人に興味を抱かないからなのか、自分とは関係がないと割り切っているせいなのかは定かではない。

私の仲の良い同期(カップル二人ともと仲が良い)がいるのだが、彼女らが出す独特の雰囲気に具合が悪くなったりもしたのだ。アレルギーかのように。

 

男女の恋愛――私も経験がないわけではない。

むしろ一世一代の恋愛をしたと思うほどインパクトのある恋愛をした。

最近ようやく清算できてきて、次の恋愛を始めたい、と思っているのだ。

じゃあ、彼としたかったか?と訊かれれば、答えはイエスだ。

はじめては彼かな、と思っていたのだ。ついぞ叶いはしなかったけれど。

 

なので、お付き合いをするにあたり、セックスを必要だとも不必要だとも感じているわけではなく、

私は自然と「彼ならそうなっても大丈夫。もしそのあとダメでもそれはそれ。」と確信していたので、疑問には思わなかった。

だからなのか、確信を持てない相手とは付き合えないシンドロームを患っている。

 

なので私は日本人ながらデーティング時期を設けている。気が合うか?恋人として付き合えるか?をある程度吟味する期間が必要なのだ。

 

 

愛とは何かをしばらく考えた時期があったけれど、

「愛とは自然と内側からあふれ出てくるもので、

頭で考えてどうにかなるものではない」という結論に達した。

これは、「恋は落ちるものだ。ただそれを重力のせいにはできない」といった某科学者と考えが一致する。

しかしながら、おそらく人はそれぞれ、それぞれの重力を持ち合わせていて、

それに惹かれてしまったら重力からは逃げられない。それが恋なのかもしれない。

あと、おそらく人はそれぞれの瞳にそれぞれの宇宙を持っている。

 

 

それがゆえに、片想いは一方的に片側の重力に引かれるのに対し、

両想いという現象は、お互いにお互いの重力に引かれ合ってしまうのだろうと思う。

宇宙には抵抗がないから(おそらくあったとしてもごく僅かである)、

引かれ合ってしまうだけひかれあってしまうのかもしれないな、と思ったり。

だから一歩引力を間違えてしまえば、惑星は衝突する、消失する、傷をつける、クレーターが残る、エトセトラ。

 

そんなもんで、「恋とは何か」を考えるというより、

愚痴とかぼやきになってしまったけれども、

決してセックスをするのが悪いだとか段階を踏むべきだとかそういうことをいっているのではなくて、ただたぶん私は「今の私は恋をしていない。恋したい」と思っているのだなあと思う。

しかし私が引かれてしまう重力を持った人間と出逢えるかどうかなのだなあ。

 

その辺、友人のことをうらやましく思っているのも事実である。超うらやましい。

 

 

一時期、試してみたんだ、

とりあえず、キスしてみたりもした。

ただね、なーんにも感じなかったんだ。

「こんなもんなの、」って思ってしまったし、

どうせ「こんなものなんだ」を経験するなら大事で大好きな人とがいいなあと思った。

 

一度セックスの手前までいったけれど、

「この人じゃないなあ」と思ってしまって興ざめ。

相手はひとりで盛り上がっていたので「ごめん、トイレ」と言い残して部屋のドアから帰った。

 

 

「彼の代わりなんて居ない。彼以外とどうにかなるなら、誰とでもどうにもならなくていい」とか青臭い熱病を患った後遺症だ、だなんて思っている。

まあ「どうせ帰ってこないなら誰だっていい」と思ったことも事実だけれども。

 

 

最近は恋人が出来る気すらしないので、

精子バンクに行って気に入った誰かのDNAと核融合しようかなとも思っている。

そんな話を父としながら「処女懐妊」と言っている。

男性経験もないまま子供を産むって相当な負担なのかなあ…。

生まれた子にはどう説明したらいいだろう。私の子供だったら反発するだろうか。

「アンタの勝手な人生設計に私を巻き込まないで」と家出されてしまうかな。

「私のお父さんは誰」と訊かれたらなんと答えたらいいのか。

もし、私の将来の子供の将来の恋人が、同じ精子ドナーから生まれた子だったら?

愛し合っているのに、愛しい相手を見つけられたのに、異母きょうだいってことになってしまう。

そんな悲劇を私は自分の子供に用意する可能性があるということだ。

 

難しい問題である。

 

「好きな男性のタイプは?」は、最も困る質問の1つだろうと思っている。

 

タイプとは何なのか、好きになるような志向という意味ならば、

「ムキムキでスイートな笑顔を持ったインテリイケメン」である。

だいたいラテンの血が入っている、ゲルマン系orアイルランド系である。

185cmあれば確実である。180cmは自分には少し小さく感じる。

自分も160cmくらいなので180でもしっかり身長差はあるんだけど。

185は欲しいなあ(´・ω・`)と。

 

 

毎朝「あいしてるよ、ダーリン」って言ってくれる人がいい~(*´▽`*)

お酒を飲みたくない理由

 

お酒は大好きです。

味を楽しむくらいなら吞むけど、もう酔っぱらうのはよくないなと思った。

なんでもお酒のせいにできるし、何より、酔っぱらうことが楽しいと思わなくなっただけじゃなく、お酒を飲むのが不愉快になって来たのもある。

もしかしたら体調の問題かもしれないけど、お酒を飲んで、楽しいと思わなくなったし、楽しいことはお酒を飲まなくても楽しいし、お酒を吞まなきゃ楽しくならないような毎日はきっと楽しくなんてない。

 

そもそも仕事のパフォーマンスを上げるためにお酒は適量があっても

それが生活の質を下げるものになり得るんだ。

 

だったらバニラのアロマキャンドルをつけてゆったりお風呂に入ったほうが落ち着けるから好きだ。

 

お酒は好きなんだけど、そんなにがつがつ飲むものじゃないなあと思った。

全部がわからなくなる感覚が好きだったんだけど、今はその感覚が嫌なんだよなあ。

わかるようになりたいって思っちゃってさ。

触れてほしいと思っちゃってさ。自分と外の世界との境界線がわかりたいなあと。

 

ゆっくり愛されてみたいなあと思うんだよ。

 

 

もっと他人と関わりたいなあと思うんだ。

いろんな人に会っていろんな話をしたい。

 

 

いろんなことを知りたい。

それを知るのに、自分がやりたいことをするのに、お酒は必要じゃない。

お久しぶり!

お久しぶりですね!まったくpostしておりませんで…。

 

 

FBをやめようかなっ☆と思っております…意義が…ないのでは…。

 

しかし海外に住んでいる友人とのコンタクトはFBで取っているので、

やはり仕事仲間とつながったのが問題だったのか…。

あまりにも変な人はブロックしましたけどそれ以外は繋がりっぱなしですし。

 

 

純粋につながってくれている人なんていないのかもしれないですよね。

Grenade / Bruno Mars

 

 

youtu.be

 

ブルーノ・マーズ の中で一番好きな曲。

 

「君はもってくだけもっていって、俺に何も与えてくれやしなかった。

 君のためならなんだってできるのにさ。君のためなら死ねるのにさ。

 だけど君は、絶対そうじゃないだろ。絶対にそんなことしないだろ」

 

 

このフレーズがたまらなく好きです。

ランキング参加してます!ポチポチお願いします(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ