Nisshi

慶應通信 69期 秋入学 普通課程 文学部第2類  +好きなもの全部。

 

サマソニに行きたい。

 

来年はサマソニ行くぞーと思いながら、

バイトを辞める決意をしたのであった。

 

バイト辞めますって店長に言おうと思ったんだけど、

なかなかタイミングがなくて逃している。

 

 

 

 

昨日仕事での集まりがあったんだけど、

いろんなことが積み重なって、仲良い先輩(遠くに居る)に電話したら

ぼろぼろ泣けてきちゃって。

「どうしたら伝え方が上手になりますか」ってきいた。

実際あったことを、あとから話す。

「私は、こうしていきたいっていのがあって、

 それを上司に伝えたら、やってみたらいいんじゃない、って言ってもらえたので、

 そのままやっていたら、そんなこと言ってないって。言ったんです。

 よくあることだけど、ちょっと、今回は、何が悪かったのかなって思って」

って言ったら、

「それはひどいね」って言ってくれた言葉で、ぼろぼろぼろぼろ。

 

弱くて、弱くて、くだらなくて、情けない。

自分でも、ほんととんだクソガキだなって思う。

何言われてもちゃんと完璧に流さなきゃいけないのに、

何があっても大丈夫、大したことないって、思わなきゃいけないのに。

昨日だけはちょっと無理だった。

 

ね、SNSでは元気なふりして、楽しいよ、頑張ってるよ、大丈夫だよってアピール。

ほんとうはダメなのに、ほんとうは助けてほしいし話聞いてほしいのに、

皆には「元気だよ。なんも問題ないよ」ってオフィシャル面してさ。

本当はもう無理だ、って泣きつきたいのに、もうだめだよ…って甘えたいのに。

 

適当に甘えられる先輩も、もうおざなりになってしまったので、

このままフェードアウトしたほうがいいかなと思ったりもしている。

私が居なくなったところで、あの人たちは残念がりもしないだろう。

そもそも何の関係もないんだから、

面倒見る義理だってないわけだしね?

俺1人いなくなったところで、何かが変わるわけでもないし。

(私は弟と違うから、周りから好かれているわけでもないし。――自分ではそう思ってる)

 

もう辞めるから、

辞める前に、「遊びにおいで」って言ってくれた人たちのところ行こうかなと思って、

来月西日本に遊びに行こうかと思って、西日本の人に連絡してみた。

本当は辞めたくなんてないから、

辞めない理由を探しに行くために行くんだけどね。

 

 

 

あんまりにも上司がひどいもんだから、

今日は朝からゴリゴリロックです。

ワンオクかっこいい。

youtu.be

 

 

ふぁっく、ゆー。クソ上司。

お前の命もこれまでだ。

 

出逢いは、すべて運命だ。

それは、人と人との出会いのみではない。

 

 

生きていてよかったと思えるその日まで

生き抜きたいと思ったよ。

 

 

誰も私の脳内がこんなことにあふれてるなんて思っていないだろう。

 

 

私だって、

皆の頭の中をわかっているわけじゃないのだ。

 

 

それでも寄り添ってくれるひとはいるのだ。

2018年も、よろしく。

 

2018年の手帖は、EDiTにすることにした。

3年連続。仕事を始めてからずっと使っている。

 

 

しかし、今年は香盤帖だけでなく、1日1ページのも買いました…!!

おおお…使いこなせるかな…

仕事での記録とか、細かく書き残せたらいいな…と思いまして。

 

1日1ページのEDiTさん用に、

メルカリでハンドメイド商品を出品している方から、

A5サイズ対応のカバーを購入しました。

 

 

あと、楽天でロイヤルブルーのストールを購入する予定 ♬*+

ポイントが17日につくので、それを待っての購入。

 

 

自分の生活圏内だったら絶対手に入らないものもあるから、

結構重宝しています( *´艸`)

 

 

 

頑張って仕事しよう!!

 

 

ちょっとチャレンジしてみた。

 

Twitterで流れきたバッグがかなり好みドンピシャだった。

 

 

 

リンク先に飛んでみると、「今だけ半額!」の文字。あるある~と、

そう思いながらスペックをみてみると、5400円にしては結構よいんじゃないかな?と思ったので、早速注文。byクレジットカード。

 

そののち、ちょっと疑問におもって「どんな会社なのだろう?」とグーグル先生に訊いてみたら『詐欺』『悪徳業者』と出てきてビックリ。さっそく夜中の1時だったのにもかかわらずクレジットカード会社に電話してカードを止めてもらった。

早速メール&チャットでキャンセルの連絡を入れる。

 

「商品はとても魅力を感じるが、

 信用できるところとやりとりがしたい」とコメントをすると、

「残念ながらキャンセルさせて頂きます。

 でも弊社は信用できる会社だと思います。

 何か誤解があるのではないでしょうか」と

メールが返って来ました。

 

まあ、いいや、と思っていたが、

バッグのデザインがとても気に入っていたので、

この際、だまされたと思って、しかしケガは少ないように…と

商品代引きで同じ商品を注文した。

これで詐欺だったりだまされたと思ったらそれもそれで人生勉強だと割り切ろう。

 

だが、注文する前に、オンライン問い合わせで

商品についての質問と、会社についての質問をしたら返事をしてもらえた。

会社の名前は 吉客印电子有限公司 と中国の会社だった。

中国から日本へ送るので15日~20日はかかるということ。

(イタリア人の友人が居るから、海外の運送事業は心得ているのでだいたいそれくらいだろうと思った)

 

私は中国語が読めないので、グーグル翻訳してもらったところ、

ネット通販の会社で、西安にオフィスがあり、150~500人の従業員が居る規模の会社…なのかな?ということがわかりました。

求人広告も出ていて、そこには「外国語が出来る優秀な人材。officeが操作できる人。大学卒業以上」と書いてあった。日本だけではなく、米国、マレーシアやトルコなんかにも輸出しているらしい。

 

私は日本にビジネスで入っていきたい中国の企業なのかな?というイメージを受けた。

ただまだ信頼を獲得できるだけのベースがないので、詐欺だと言われるのかな…。

 

注文したのに届かない!なんて海外のポスト状況だとたまに聞くし、

この間イタリアの友人に話したら「イタリアのポストオフィスは遅いんだよ。この前は2か月前の手紙が届いたんだ」と言っていたので、日本ってスゲーと思った限りだ。

同じことが起きたとして、日本だったらとんでもない騒ぎになるだろう。記者会見、たかれるフラッシュ、辞任するトップ陣、謝罪に奔走する社員が目に見える。

 

 

通販で買った商品と実際に届いた商品が違う…というネタ集(というか事件集)は

ネット上で見ることができるが、だいたい中国系かな?と思う。商品を着ている人や背景からなんとなーく中国系かな、と推測。

 

しかし、中国系の一部のネット通販会社がそんなことをやっているからといって、

中国人を罵倒していい理由にはならない。

(私が今回チャレンジしているお店のコメント欄に「だから中国人は嫌いだ!」とか「中国人なんて」と書いてあってちょっと悲しい気持ちになった。)

そもそも中国人って何人いると思っているんだ。

 

そう思っても、やはり、日本ってスゲー。と思うのだ。

中古本に貼ってある管理用のバーコードのシール……あんなに綺麗にスルスル外れてしまっていいのかと感動したことがある。

(ちなみにイギリスで買った中古本にはそのまま直に値段が書いてある。五ペンス。)

頼んだ通りの商品が2日以内に届く。お届け日に間に合わせるために休日返上。

そんなに頑張らなくたって君たちのサービスは世界一さ…そんなことを思いながら、

7時過ぎに郵便屋さんが届けてくれるメルカリで買った中古のカーディガンを開封する。

 

日本でのサービスがあたりまえになってしまうと、

海外に出た時にストレスが半端ないだろうなあと思うのだ。

私は海外のその潔さというか「これでいいのか」と思うようなサービスが大好きなのだが。

 

「えっ。そんなのでいいの?」と思うと、

「ああしなきゃいけない」「相手のきもちを察して、その1歩前を行って」と

せかせか頑張っている自分が居なくなるので、海外に出ると楽になる。

 

 

自分がしたいことを優先しても誰もなんも言わない。

いい感じにお互いのパーツをシェアできてるような感覚がします。

 

 

と、まあ、

途中からだらだらぐだぐだと雑記を並べたが、

ちょっとアヤシイネットショップに、チャレンジしてみました。

というのが本題です。

 

結果は追って、また報告します(;^ω^)

ちゃんと届くといいな~。いい商品が届くと良いな。

 

 

Re-set.

 

リセットしました。

 

 

ブログの記事リセットもですが、

実をいうとGmailとかGoogleアカウントもリセットした。

 

 

少しずつ自分が変わっていくのがわかるよ。

良いことかな、と、思ってる。

 

 

 

また、あしたからがんばろう(*'ω'*)ノ

ランキング参加してます!ポチポチお願いします(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ