弟の一回忌

 

 

日付が変わった。

今日は、2番目の弟の命日。

 

私の、3つ下の弟。

去年 私は 24歳だったので、

弟は、21歳だった。

 

 

1年経つが、

未だに 現実として 受け入れられない。

 

世界のどこかで生きている気がする。

どこか遠く、フィンランドかどこかで。

あの子が笑顔で居れる場所で。あいつがフィンランド好きかどうか知らないけど。

 

受け入れたくなくて、

お墓参りも行ってない。仏壇にお線香すらあげないし、お土産を備えることもしない。

 

お墓は、葬儀の時に、行ったっきりだ。

葬儀の時さえ、

周りに気を配り、お酌をし、お礼を述べた。

父親は、あてにならなかったから。

私がしっかりしなくちゃだから。

 

親戚は 軽く見られるからやめろと言ったが、これは最低限の礼儀だ。

 

 

あいつは死んでない。

私の基本的な考えは、コレだ。

受け入れられない。

周りは 綺麗に 受け入れられるのに。

 

 

思いっきり泣けたらよかったんだろう。

私は泣けなかった。

ショックで 涙が零れただけだった。

 

 

信頼できて 自分の頭を預けられる胸を 与えられたら、私は泣いたのかもしれない。

私には、それがなかった。

 

 

「いつかは、死ぬから。」と、

同僚や親しい人からの憐れみを同情を、ふりほどくだけだった。

 

 

私の弱いところは、

世界中でたったひとりだけが

知ってればいいのだから。

 

「若い時に死ねてよかったな」とさえ

思った。

よかったな。綺麗なうちに死ねて、。

……ほんとうは、一緒に大人になりたかったくせに。

 

 

生きてて欲しいとは思わなかった。

ただ、私の方が先に死ぬと思ってたから、不意打ちをくらっただけ。

 

 

私の何百倍も愛されている弟が死んで、

なぜ私が生きているのか無念だった。

私が死ねばよかったのに。

きっとあいつの生は、

私のそれより何十倍も意義がある。

 

 

なぜ私が生き残らねばならなかったんだろう。

私の生は、誰の心にも残らぬだろうに。

私の人生は、私のためでしかないのに。

 

それに対して、

弟の生はまごうこと無く、

他人との共有物であった。

 

 

 

この間、仲のいい先輩に、

「大変だったね、あの時。」と言われて、

心に闇が落ちた。

数少ない、私が安心して話せる人だからだ。

安心感をくれる人の前では、心は素直に反応して私にその気持ちを教えてくれる。

 

思いっきり、泣かせてほしいと思ったが、同時に「この人を困らせてはいけない」と自制した。私のせいで、この人を、この人との間にある空気を失うのは嫌だ。この人と離れなきゃいけない理由を作りたくないから、。この人とは、ずっと友情で繋がっていたいから。

 

すがりついて、今だけ泣かせてほしいと言いたい気持ちを抑えて「あの時は、ご迷惑かけてすみませんでした」と答えた。

「実を言うと、無理矢理聞き出したんだ。上司本人のために言っておくけど、連絡しあっているのを、俺が聞いたんだ。そして、問い詰めて。俺にならって教えてくれたんだ。きいてごめんね」って。

気にかけてくれてる人がいたという、事実にすら泣きそうになった。

私なんて。気にかけなくて、いいのに。

私のことなんてほっといてくれて、いいのにさ。

 

「ありがとう、」て、伝えた。

自主的に、私を知ろうとしてくれて、ありがとうございますって。

 

 

だから、今でも大好きな担当さん。

この人は、ダメなことはダメっていうから。

この人はちゃんとしてるから。

 

私のすきは、独特だろう。

安心感をベースに感じなければ、好きにならないから。

 

 

一回忌。

長男弟が帰ってくる。

私は長男弟と相性が悪いので、

たまに衝突する。

傷つけあうんだ。だいたい、メンタル弱い私が根に持つ。

 

 

一回忌って何すればいいんだろ。

拝んでもらうなんて、

やめろよ、弟が死んだみたいじゃんか、と思う。

ばかだな。

一年前に起きたことなのに。

 

 

 

後になって、

泣いた時に、受け入れられるのかも。

今の私には無理な問題だから、

未来の私に頼もう。

 

その頃はもう ひとりぼっち じゃないだろうから。

 

 

 

明日も、

ちゃんと「お姉ちゃん」をしないと。

 

 

頑張んないと。

 

 

 

 

元気そうでよかった、だって。

元気なのは、そこがオフィシャルだからだ。

元気がなくても元気そうにしてなくちゃ、だろ。もうティーンエイジャーじゃないんだから。

 

 

顔本でも、

実は弟の一回忌、明日ですってpostした。

自分で受け入れなきゃいけないことだったから。

余計なことしただろうな。

 

 

それで私のこと嫌うならそれでいいよ。

 

 

 

 

 

 

明日は、一回忌を済ませたら、

夕方 友達に会いに行く。

 

 

 

ちゃんと、

予定を終わらせないとな。

頑張んないとな。

 

ガールズアンダープレッシャー―ダイエットしなきゃ!!

 

 

学校から、夏休み等の長期休暇の時に、図書の注文票が渡される。

それは封筒型かチラシ型で、注文したい本にチェックを入れて、本の金額ちょうどのお金と共に担任の先生に渡す。そうすると数日後に本が先生を経由して渡されるというシステムだ。

 

小学4年生の時、「ガールズシリーズ」の第二弾である、「ガールズアンダープレッシャー」を買った。私は当時からポッチャリというよりはでっぷりタイプだったのだ。

「ダイエットしなきゃ!」というサブタイトルだったので、私はティーンエイジャーのためのダイエット本だと思っていたのだが中身は違った。

 

見た目や体重を気にするあまり、拒食症になりかけてしまう、女の子の話。

(実際に同じ学校の子は拒食症になり、すっかり痩せこけてしまって、入院する。)

 

一回は手放したものの、最近また私の本棚にやって来た、ガールズシリーズ。

中学生の時も読みふけっていた。私にとっては外国のティーンエイジャーの話だった。

本を読んでは、「私にもブロンドの彼が出来ないかな」とか「素敵なロマンチストと恋がしたい」と思ったりした。

 

とても読みやすいので、大人にもおススメである。

イェルサレムのアイヒマン/ハンナ・アーレント作 大久保和郎訳/みすず書房

 

イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告

 

 

市立図書館の予約待ちで、ようやく私のところに来てくれました。

スクーリングの時に「ハンナ・アーレント」という映画鑑賞会をした際、

教授が「イェルサレムアイヒマンを書いた。図書館にあるから読んでみて」とおっしゃってたので、

読みたいなあと思っていたのですが大学の図書館ではもう貸出されていたので、

地元に帰ってきてから。

 

ノートを取りながら読書するのは初めてではないけれど、

しっかりノートを取って、疑問点を書き出して、自分なりの答えを導き出して…のプロセスを踏んでみている。

 

 

 

ドイツ語も勉強しなければいけないなあ。化学のレポートも出さないと。

明日は夏スク最終日

 

こんにちは!

 

明日はいよいよ夏スク最終日です。

夏スクーリングのことを「夏期講習」って言っている先生が多くて、

なんかちょっと嬉しかったり。

 

化学の先生は前半の教授陣のほうが好きだなあ(*´Д`)厳しいけど、コミュニケーションいっぱい取ってくれたし(*'ω'*)

厳しい先生って、生徒の学習のためを思って言っている人もいるから、

厳しい=怖い、嫌、じゃないんだよね。。。勉強になりましたよ……。

 

私も患者さん相手とかクライアントさん相手に強気に出ないといけないときがあるから、厳しさとは何や?と考えることがありますが…。25歳のぺーぺーには難しいですな。

 

 

 

 

シェアハウスの退居手続きも済みまして、

あとは荷物を忘れないようにして帰るだけです。

 

 

 

 

明日はとりあえず学校へ行って、戻ってきてから荷物を持って出るつもりです。

そのときにシェアハウスのみんなにお土産買ってこよっかな(*´▽`*)甘いのでいいかな。

 

 

 

 

 

甘いものと言えば、

あずきバーを探してファミマへ行ったり近所のスーパーいったりしたけど、

結局ちょっと遠いセブンにあったという(´・ω・`)近くのファミマの品ぞろえがあまりよくないなあと思ったけど私の実家の近所のが良すぎるのかもしれない…。

 

 

最後の晩餐を済ませたので、

あずきバー食べながら親にメール。

 

この時彼氏にメールしてみたいよねえ('ω')ノ

「帰るの18だよね?送るから着く時間おしえて」とか言って、

親に「おお、〇〇くん。ありがとうね。上がっていくかい?」とか言われて、

「あ、いや、今日はよあんさん送るだけなんで。大丈夫です。あと来週の土曜日、一緒に出掛けるんでよろしくお願いします。8時に迎えにくるからね?」とか言う彼氏だったら完璧だよね…。

弟に「〇〇さん、今度野球観戦行くんだけど一緒行きませんか」とか言われて、

彼氏のほうも「弟くん、野球のチケット手に入れたんだけど一緒に行く?」とか。

自分が家族大好きなわけじゃないし、いろいろあったけど、

たぶん、そういう「当たり前に」そこに居てくれることが、当たり前に大事にしてくれるだけのキャパシティがあるような人だったら何があっても大丈夫だと思う。

 

あとちょっとしたこと覚えててくれて、

「あしたドイツ語のテスト頑張って!」とか。

 

妄想だよ、妄想!笑

でも、そういうの、いいなあって思ってる。

 

 

 

だいたい、私が好きになる人って「想像を超越している人」なので、

思う存分妄想しておく。笑

 

 

 

さーてさて!

ドイツ語のテストがあるから勉強しなくちゃ。

 

 

 

がんばりまーーーす!!!!!

 

帰ったらビール飲むぞおおおおおおおおおおおお

夏スク9日目の朝!

 

モルゲン!

 

あと2日。明後日には地元に帰っていると思うと感慨深いです。

 

 

 

泊まっているシェアハウスのトイレの電球が切れて夜トイレに行けません。

 

今度はたぶんウィークリーマンションかな~~。

 

 

そろそろ買い込んだ食材を消費せねばねば~~~~~~

 

 

 

 

今日も化学実験⇒からの→ドイツ語。

 

 

やーっと生活に慣れてきたころに帰るってちょっと大変だけど。笑

だけどお仕事しないとね。

 

 

生活に慣れたので、

「帰りたいなあ」とは思わなくなったな。

むしろ「こっちで生活しちゃいたいな」と思うよ。

だけどね、これから欧州いったり、すること考えれば、

今こっちで生活しちゃったらきっと生活確立させている間に30越えちゃうからね!

 

がんばろー!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ったらすることメモ。

 

○旅行!会津に行く!

○クライアントさんにはがきを書く

○料理する

○本屋さんに行く

○各種料金の支払いを済ませる

 

 

 

以下ポチポチmurmur

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

夏スク8日目!

 

おばんです!

 

夏スク、2週目に入りました。

 

化学3時間からの→ランチ→ドイツ語初級っていう流れにようやく慣れてきたころですが、私のスクーリングは土曜日で終わります。

 

今晩は日曜日の夜に行ったスペインバルのパエリヤを食べました(*´Д`)

本当は昨日食べようと思ったんだけど、昨夜は映画鑑賞会に参加してたので、

帰りに一緒に見ていた方とごはんに行ったんです!

 

 

 

三番目の化学の教授とあんまり相性が良くないのか、

ギャグも授業の内容も大好きなんだけど、教授がキツイように感じる…きっと彼は心が開くのに時間がかかるタイプなんだろう…と自分を納得させている。

 

私は他人に心を開くことはそんなにないけど、基本的に社交的なので…。

 

 

ドイツ語も新しい先生になりました!

教科書通りに授業をするタイプではないけど、小ネタをちょこちょこ挟んできます。

また前任の先生とはタイプが違う!

 

 

お昼休みに図書館で鉢合わせして、

「どうだい、頑張っているかい」と訊かれて、「ドイツ文学?!」とか思ってしまった私を許してくれ…ドイツ文学大好きなのだよそんなに熱心に読むっていうわけじゃないけどさ。

 

 

そろそろ借りていた部屋の退居準備もはじめています。

といってもそもそも2週間の滞在だったので荷物は増えていません。

 

 

 

退居手続きをして、次の日学校へ行って、帰ってきて荷物を実家に送って自分もそのまま帰るという流れになる予定。

 

 

ドイツ語も本詰めって感じです(^O^)/テストあるから頑張んないとだわ~~~。

夏スク5日目の夜!

 

ちゃおちゃお☆

ついに金曜日。月曜日から授業が始まって、金曜日になりました。

 

 

 

今日あたりから少し調子が出てきて、ツライ時期を乗り越えたかなっていう感じ。

ドイツ語テストがあるからこれからもっと大変かもしれないけど、

大変を分割して、少し大変を積み重ねていこう。

 

 

喋り足りないんだろうなあと思った。

元々おしゃべりだけど人見知りで(社交的な人見知り)、

ちゃんと話せるようになるまで2年くらいかかるんだって自分で気づいた。笑

1時間くらい実家に電話かけたら元気でた!から!がんばる!残りも!あと8日!

 

 

昨日ツイッターで流れてきた、イトーヨーカドーのニュース!!

ハトのティラミス 8月10日 ヨーカドーの日限定で:朝日新聞デジタル

これが食べたくて、だけど頑張んないのに食べるわけにはいかないから、

大学に5時まで残ってドイツ語の課題を終わらせ、化学も半分終わらせてから、

5時過ぎたから図書館でドイツ語の教材を1つ借りて帰路につく。

 

私が今いるのが尾山台っていうところなので、

東急東横線日吉駅から武蔵小杉駅まで行って、武蔵小杉のイトヨに行く。

福島市民はほとんどヨークベニマルでお買い物をする(個人差があります)ので、

イトヨのホーム感が…!見慣れた商品があって安心しながら、ティラミスを探す。

この巨大ティラミスの為に私は今日頑張ったんだ…!!前頭葉がちぎれそうになりながらも集中して勉強していたんだ…!!

 

 

 

ティラミスがあるであろうコーナーに行き、大きいティラミスを探す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『申し訳ございません。売り切れました』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呆然と立ち尽くすこと30秒。

隣にあった30%OFFのまるごとバナナにしてしまおうかと考えていたけど、

頭の中がティラミスだったから、コーヒーにすべきか?を考えながら、

明日の夕食の買い出しをしてしまおうと思い立ち店内をうろうろ。

 

 

泊まっている所の近くにもスーパーがあるんだけど、

小さくてコンパクトで、よく安売りをしているので助かるんだけど、

どうしても舌って慣れたものをおいしいと思うのだね。疲れている時は特に。

昨日「あきたこまち」を炊いて食べたんだけど、やっぱり実家の「こしひかり」が食べたいなあと思ったもの。農家のごはんはおいしい。おじちゃんいつもありがとう。

 

 

 

イトーヨーカドーで向こう2日間分くらいの食材を買い込み、帰宅。

せめてもの甘いものとしてカプリコを買いました。最近ハマってる。

セブンアンドアイホールディングスありがとう…!!

 

 

 

来年泊まるとしたら武蔵小杉にしようかなぁ…。

だけど来年は3週間いる予定だから、ちょうど間位がいいのかなあと(=゚ω゚)ノ

1年くらいかけて考えよっ。

 

 

 

 

通学生がうらやましいなあと思ったり。

だって、図書館も制限なく使えるし、教授と本当に距離が近い。

通信生は結構孤独な戦いだし、スクーリングは本来3か月~半年の勉強量を1週間くらいで終わらせるから結構内容が濃いし。(これは仕事の研修で慣れてはいるけど笑)

情報量が多いけど、本当に楽しい。こんな毎日だったらいいなあと思ったりもする。

早く大学生にならないとなあ…。がんばろっ。

 

 

 

 

あと、スクーリング中に笑った教授のコメントで、

ウィキペディアは出所不明の怪文書」と言っていて本当に面白かった。

 

 

 

あとね、あとね。

ずっと「なんでかな~」って思いながら教科書読んでたんだけど、あれは「なんで」とかっていう問題じゃないんだよね。文明の始まりかもしくはそれ以上前から、名前が知られている科学者なんて科学者のほんの一部で、本当はもっと多くの何千万人、何億人、何兆人っていう先人たち科学者の先輩たちが積み重ねてきた功績と軌跡が教科書として「この分野の常識と大前提がこれですよ。この問題はこうしたら解けるんですよ。こういう問題の場合はこう説くんですよ」というのが教科書であり、学校の授業なんだよなあ。だから、教科書を疑うってことはこれまで先人たちが築き上げてきたものを疑うってことで冒涜している行為にあたるんだね。

何百年、何千年、ってかけて証明してきて形にしてきたものを、私一人の脳みそが否定できるわけないのに。そのことに気づけて本当によかった。私は愚かだ。

学生のうちはその世界の常識を学ぶんだ。その世界の基礎を学んで、そこからじゃあその基礎いう名の鍵を持って何をするかはそれぞれの自由と責任なのであって。

もちろん、自分の理想を得るために鍵を得ていくっていう方が多いけれど。

だとしたら教師っていう仕事は、子供たちに未来への鍵を与える仕事なわけかあ。教師ってすごいいい仕事だね!

 

「なんで?」に、「そういうものだから」と答えた先生の考えがわかった。

あの先生は、そんなに深いところまで言わなかったけれど、「この分野の常識と前提が教科書に書いてある。それをまず理解して居ることを示すのがレポートであり、テストなんだ。君の価値をはかっているわけではない」ということを理解する必要があるね。

レポートって、僕はこれだけわかっていますよ、ちゃんと理解していますよっていう提示なのね。

テストって、自分のその分野での知識量と理解量を測るものなのね。

決して点数だけを追いかけているものではないし(もちろん結果として点数に現れるものだけれども)。

何か考えれば考えるほど学問っていうのは本当に面白いなあ。

 

 

 

あーあーあー!学習欲がはんぱない。

早く家に帰ってダニエルの本が読みたい。ドイツ語の辞書とにらめっこしながら文章読解したい。青チャート解き潰したい。個別授業とってもっと知識理解を深めたい。

高校の授業から始めないといけない私のこの低いIQの脳みそをトレーニングしたい。

もっともっと頭よくなりたい。もっと頑張りたい。もっとやりたい。もっと先に行きたいし、一度でいいから偏差値を70を越えたい。

ランキング参加してます!ポチポチお願いします(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ にほんブログ村 大学生日記ブログへ